富山市の最近のブログ記事

2018年10月20日

不安や心配の中、希望を持ち続けて妊活し新たな命を授かりました。

18201.jpg

 

おはようございますH&Bカイロスタジオの南です!!

秋の入ると懐妊のご報告がほんと多くなってきました。喜ばしい限りです。

やはり新しい命が宿るご報告は何度いわれても嬉しく新たな人生が始まるお手伝いできて治療家冥利に尽きます(^^)

 

妊活中・・・本当にクライアントはよく頑張られました。

不安や心配や仕事のストレスなどがあり、カラダに傾聴していくと

肝臓低下、副腎疲労、下垂体、チャクラ、感情ストレスなどが低下がみられ

結果としてなかなか授かることができずにいた体になっていたと感じました。

 

 

当院では不妊整体ではメンタル調整をしながら各臓器を引きあげていきます。 

妊活中のクライアントさんは頭の中が不安と心配とネガティブな感情でいっぱいになっています。

当院では気持ちの部分から変えていきたいので問診時に潜在意識にアプローチするために必ず目標設定を明確にお書きいただきます。

それにより脳からカラダを変えていくことをホームケアで行っています。

やはり潜在意識や脳がカラダを変えていくのに重要です!!

 

 

周りでお困りな妊活中の方がおられたら是非ご相談くださいね(^^)

 

 

2018年10月17日

長い間夜も眠れなかった乳児の鼻づまりの原因は〇〇〇〇でした!?

18203.jpg

 

秋になってほんと夜が長くなりましたね。
私の家では夜中の毛布の取り合いと子供の風邪のうつし合いで、私は大丈夫ですが、
なかなか風邪が完治せず2人して子供は鼻がぐずぐずです(-_-;)

 

私の家では子供たちには免疫力を高めるためにも、風邪は完全に放置です(^^)  薬に頼るのではなくカラダに治させるのが一番と考えております。

 

来院した産後骨盤矯正のクライアントの赤ちゃんですが、夜の鼻の詰まりがひどく、寝てくれもせずグズリってたみたくお母さんも赤ちゃんも疲労困憊でどうしよもなく、病院で診てもらいましたが薬の処方で鼻腔が狭いから仕方がないとのことで、多分皆さんも経験ある方が多いと思いますがこんな時親は辛いですよね・・・・

 

 

何かあかちゃんのことで悩み・辛い事ないですか?」

お聞きしたところ、相談されたので当院では乳児の整体は無料でおこなっていますよということで診察させてもらいました。

触診(内臓・頭蓋)と視診とОリングでの赤ちゃんへの傾聴・親の身体を使っての赤ちゃんの傾聴をキネシで聞いてくと出産の感情とクラニアルリズムが乏しい反応が出ていましたので早速施術・・・

 

調整2回目の時には、ほぼ症状は消え去っていたみたいです。

恐るべし乳児の回復力!!

 

出産時の不安・心配・トラウマをもって生まれてくる子供は多くいます私が生まれる時もそうだったと思います。でも赤ちゃんの時の症状は結構それが引き金で症状をつくっていることがあります。

この事例で私もまたいろいろキヅくことができ感謝です。

 

 

当院では産後のお母さんの為に乳児(赤ちゃん)への
無痛の整体を無料で行っております。

お困りな方おられましたら相談くださいね(^^)

 

2018年10月11日

逆子の赤ちゃんとお母さんのケアがで来てよかったです(^^)安心して出産してくださいね

52a04334-db7c-41a7-a6a3-bc17859f37f7.jpg

 

おはようございますH&Bカイロスタジオの南です。

段々寒くなってきましたね・・・大雪➡猛暑➡台風➡今度はまた雪かきシーズンが

くると思うとゾッとします。

 

 

なかなか続けていた逆子体操でも赤ちゃんが回転してくれなかく

不安に感じ紹介で来院・・・

当院では東洋医学の至陰と三陰交にエネルギーを流しつつ

感情コントロールなどで赤ちゃんの回りたい方へ

赤ちゃんと会話しながら調整をかけていきます(^^)

 

赤ちゃんとママさんのサポートができて良かったです!!

無事安産で出産されることを願っております。

 

 

周りで逆子でお困りの方おられましたらご相談くださいね(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月10日

クリニックでの2年半の不妊治療をされていたクラインアントの着床報告

eb1ec631-8643-40de-8322-bf810bf8cef4.jpg

 

おはようございます!!H&Bカイロスタジオの南です(^^)

 

秋は副交感神経が優位になりますので血液が子宮に行き渡りやすくなり

着床報告が今月から増えてきました。 うれしいことです!!

 

初診時、腹部の硬さや冷え・於血・子宮の動きの悪さ・ストレスなどがありましたが

よくがんばられたクライアントさんでした。

産後でまた赤ちゃんと一緒にお会いできることを楽しみにしております(^^)

 

 

当院ではまず身体の土台となる体質の改善、内臓を引き上げ自律神経のバランスや

血液・エネルギーの流れを良くして妊活サポートをおこなっております。

 

お困りな方は是非一度ご相談くださいね(^^)

2018年9月 3日

産後の両手のしびれの原因とは・・・

4923779e-80fa-4316-91b7-9f34a1fbc5ab.jpg

 


おはようございますH&Bカイロスタジオの南です。

ようやく寝苦しい夜からの解放で良く寝れるようになってきました。

 

SNSとかみると風の盆の風景を動画でアップしてるのをみると

秋を感じますね~

今週まだ30℃越えが続きますがあと少し頑張って乗り切りましょう。



両手のしびれの原因をキネシオロジーで潜在意識に探っていくと

ストレス・不安・心配の感情が脳と内臓にストックしているのを

取り除くとサッと痺れがとれていきました。

ママさんにとっては毎日の子育て早めに改善されてよかったです(^^)

 

これからも子育て頑張ってくださいね~応援してます。

2017年12月12日

妊娠10カ月目の逆子のクライアントさん帝王切開にならなくてよかった~

sasad.jpg

 

日本海側大寒波で雪が積もりましたの~(^^)

朝から雪かきの仕事がまた増えました・・・・

 

今日は妊娠10カ月目の逆子のクライアントが紹介で来院

「えっ・・・10カ月目マジかと思いましたが」

やるだけのことはやってみようと受け入れしました。

内心もう少し早く来てくれればと思いながら

ベストを尽くそうと思い診察させていただきました。

病院では体操や大回転術もあるみたいですが

当院では赤ちゃんの動きやすい環境や方向、エネルギー施術で

心地よく誘導させていきます。

 

 

帝王切開での出産は母親への負担や子宮ももちろん傷つけます

一番よくないのが・・・・

生まれてくる赤ちゃんにもトラウマが感情として身体にストックし残ります。

赤ちゃんには体内記憶はあります責任重大です。

 

10カ月というタイムリミットもありましたが

赤ちゃんと母体の手助けができよかったです(^^)

一安心です。

 

健康な赤ん坊で生まれてきてね(^^)b

 

 

 

2017年9月 7日

しっかり○○を取ることで赤ちゃんを授かりやすいカラダへ(不妊症編)

sasw.jpg

おはようございます朝の大雨で靴下ビショビショでテンション↓↓

テンション下がりますよね~

 

不妊症の原因の一つに自律神経のバランスが多く関わっています。

自律神経とは交感神経(カラダを働かせる)副交感神経(リラックスさせる)になります。

交感神経が優位の時=脳に血液が集まる

副交感神経が優位の時=子宮に血液が行くようになる

という事は子宮自体にしっかり血液が行くことにより

栄養が運ばれ赤ちゃんに優しいあったかなベットができることになります。

 

この自律神経のバランスを整えたり、ホルモンを出す脳環境を整えているものの

一つに『睡眠』があります。

『寝ている間に、脳がデトックスされるのをご存じですか?』

 

ある研究によると、人間の脳は睡眠中60%に縮み、毒性のある廃棄物を流し、
脳組織から体内循環に送りだすというのです。

送り出された脳の廃棄物は、肝臓へ送られて解毒されます。

 この廃棄物には、アルツハイマーと関連するような有害なタンパク質なども
含まれています。
脳が睡眠を必要としているのは、ただ休ませるためではないのです。

 

また、睡眠中はさまざまなホルモンが分泌され、体を修復したり、
新陳代謝を促したり、疲れた身体を効率よく修復します。

 一般的に質の良い睡眠は20時~2時(ゴールデンタイム)といわれます。

成長ホルモンが一番よく出る時間帯とされています。

 

ここで睡眠をとることで規則正しい睡眠で、

心と妊娠しやすいカラダの健康を保っていきましょう。

 

2017年6月15日

アトピー・アレルギー症状にお悩みのあなたへ・・・・

IMG_3473[1].JPG

 

おはようございますH&Bカイロスタジオの南です。

今日はお休みをいただき東京へ勉強会出席のためお休みをいただいております。

今日は少しでもアトピーやアレルギー性の様々な症状にお悩みの方に少しでも知識として

知っといてほしい「腸内環境」についてのお話・・・

 

アレルギー•免疫異常の病気で「ある物質に対する生体の異常な反応」を意味するといわれます。

 

•病気の本態が、アレルギーという異常反応によると考えられている病気で、気管支ぜんそく、

アレルギー性鼻炎、薬物アレルギー、アレルギー性胃腸炎、じんま疹、湿疹、アトピー性皮膚炎などがあります。

•食物摂取により、アレルギー症状を引き起こしたり、反復した症状を認める場合に食物アレルギーと言います。

 

 

アレルギーの詳しいメカニズム 

 

免疫バランスの崩れとアレルギー

 

 img_balance.gif

免疫の司令塔の役割を担うT細胞には、Th1細胞とTh2細胞の二種類があります。Th2細胞は異物に対してアレルギー反応を起こし、Th1細胞はアレルギーを抑制する働きがあります。

 

 健康な状態ではこの二つのT細胞のバランスが取れた状態になっていますが、アレルギーを起こしやすい人には、Th2細胞が多いことがわかっています。

 

Th2細胞が暴走すると、B細胞に抗体(IgE抗体)を産生するように指示を出します。

この抗体が肥満細胞と結合した状態で抗原に出会うと、ヒスタミンなどの炎症物質をつくります。

このヒスタミンがアレルギー症状を発症させます。

 

 

  

腸は免疫に関わる大切な臓器

 1069884_197056537121326_1606825666_n.jpg

外からの異物に立ち向かい、体を守るのが免疫ですが、外からの異物と密接な関係にあるところが「腸」です。腸は口から入った病原菌が体の内部まで入り込みやすいため、外部からの異物に抵抗する免疫細胞が多く、全身の60%以上が集中しています。

 腸の免疫力は、腸内菌叢のバランスによって差が出てきます。腸内の善玉菌が優勢な環境であれば、善玉菌が免疫細胞を強くして、外部から侵入する菌に打ち勝ち、防御する力も強まります。逆に、悪玉菌が多い環境だと、侵入者への防御反応が弱まるばかりではなく、免疫細胞が外界の異物に過敏に反応してしまいます。つまり、アレルギーがひどくなるわけです。

 

 

大腸と小腸の二つの免疫システム

 img_system.gif

最近の研究で、免疫は小腸と大腸の二段階で調整されていることがわかってきました。

 小腸では、乳酸菌やビフィズス菌が直接免疫力をアップするように働きます。免疫を担当する細胞の数は小腸の方が大腸の100倍以上と圧倒的に多いのですが、大腸内の腸内常在菌も免疫調節に重要な役割を果たしています。

 

 

 

アレルギーと腸内細菌の関わり

 

アレルギーが起きているときは、Th2細胞が暴走している状態です。Th2細胞の暴走の原因の一つに動物性タンパク質や脂質などがあります。これらが十分に消化されないまま腸に届くと、腸内の悪玉菌が増殖し、腐敗物質を産生して腸壁を傷つけます。するとそこでTh2細胞が暴走して、アレルギーの症状も重くなるというわけです。

つまり、腸内の悪玉菌を減らして腐敗物質の産生を抑え、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして腸内環境を整えれば、Th2細胞の暴走を抑えてアレルギーの症状を抑えられると考えられます。

 

当院でも少しでもカラダからの毒素を解毒できるよう体づくりを

おこなっております。

 

 

 

2017年6月 1日

体の質は食べ物から・・・

 7e062637d72f7d20421865441acfd891_s-300x200.jpg

当院での食生活のすすめです!!

『食べるもの=体の質』

質を変えない限り痛みのない健康なカラダにはなることはできません!!

01:主食は未精白穀類(みせいはくこくるい)を基本としましょう。

02:野菜(緑黄色野菜、淡色野菜、根菜類など)は、副食の主となるものですので、「生野菜」・「温野菜 (加熱調理したもの)」それぞれの利点を生かし、身体の状態に応じてバランスよく摂取しましょう。

 

03:野菜や山菜、野草などは、旬のものが一番「酵素・ビタミン・ミネラル」に富んでいます。出盛り期のものを使用しましょう。

 

04:動物性食品のうち、小魚介類は日本人の伝統食です。適量摂取するようにしましょう。

 

05:植物性たんぱく質の供給源として、大豆とその加工品を適量摂取しましょう。

06:海藻類はミネラルの宝庫です。わかめ、ひじき、昆布、海苔など、バランス良く、少量ずつでも取りましょう。

07:ゴマは、カルシウム他、ビタミンやミネラルに富み、アミノ酸組成にも優れているので、野菜・穀類との組み合わせにより、ビタミン・ミネラルの微量栄養素のバランスが取りやすく、優れた長寿食品です。しかし、油脂も多く含むので、多く取りすぎることのないように気をつけましょう。

08:油脂の使用は、過剰にならないようにしましょう。

09:果物は、食物繊維やビタミン・ミネラルを含みますが、果糖が多いので健康な人でも食べ過ぎないようにし、健康状態に応じて量を控えましょう。取る場合は、旬のものを選びましょう。

10:化学物質(食品添加物、農薬、化学肥料、化学薬品など)は、生体内酵素の働きを阻害するので、極力摂取しないように心がけましょう。

11:獣肉とその加工品、牛乳とその加工品、鶏卵などは、脂肪とたんぱく質に富むため、多く摂取すると脂肪とたんぱく質の過剰となり、ビタミン・ミネラル類の吸収を阻害したり、消耗を促したり、またコレステロールを上昇させることにもつながります。さらに、生産上の飼料、薬剤からくる問題もありますので、適量を心がけましょう。

12:白砂糖と、それを多く含む食品は取りすぎないようにしましょう。使用したい場合は、未精白の砂糖(黒砂糖など)を使用しましょう。

13:調理用水や飲料水は、塩素やトリハロメタンを除去したものを使用しましょう。

14:精製塩は使わず、自然塩を使いましょう。

15:だしは天然素材を使用しましょう。

 

現代人はここがおろそかになっているので

現代病が増えているだけなのです。みなさんも体の質をかえましょう!!

2017年4月14日

病院ではなく自然な妊娠ができました。

securedownload.jpg

 

いつもブログ拝見していただきありがとうございます!!

H&Bカイロスタジオの南です。

本日も報告のお声いただきました。春は副交感神経が働きやすく

子宮に血液が生きやすい季節になります。

子宮に血液がいくという事は、子宮全体が温まる環境になりやすくなり

着床率も上がります。

 

ほんとこのような感想はうれしく治療家冥利に尽きます!!

クライアントの人生に携わる事が出来幸せです(^^)

TOP
HOME