« | ホーム | »

2019年4月19日

旦那さんは大丈夫!?イライラ・キレやすい・気持ちが落ち込み・うつっぽい症状の原因は?

 

前のブログで書いた近年多くみられる副腎疲労についての改善策を

今日は皆様にわかりやすくお伝えしたいと思います。

カラダに出る症状は内臓の機能低下と非常につながりが強いと言われております。

日本のドクターでも意外と知らない人が多い「副腎疲労

【主症状】

 

無気力・無関心・イライラ・だるさ疲れ、めまい・落ち込み・記憶力低下・便秘・更年期障害・体重増加

 

一見、うつや自律神経失調症や間違いそうになりますが

こんな兆候が出たら「副腎」に要注意!

 

 

 

 

 

 

あなたの副腎疲労チェックしてみてくだいね!!

 

 

 

朝がつらくて起きられない。午前10時頃まで目覚めないこともある。

睡眠時間は充分なのに疲れがとれない。倦怠感があり生活するだけでも疲れる。

甘い物(チョコレート、ケーキ、和菓子)、塩辛い物(スナック菓子など)が食べたくなる。

カフェインを摂らないと仕事ができない。

慢性の便秘。あるいは下痢などおなかの調子が悪い。

15~16時ごろにボンヤリするが、夜になるとなぜか元気になる。

小さなことでもイライラし、キレてしまう。

気持ちが落ち込む。うつっぽい気がする。

風邪にかかるとなかなか治らない。

思考力がうまく働かず、頭がぼーっとする。記憶があいまい。

気力体力が衰えている。集中力も低下気味。

性欲を感じない。パートナーがいてもセックスしたいと思えない。

生理前に頭痛や下腹部の痛み、手足のむくみ、不安感、イライラ感がある。

頭がクラクラしたり、目の前が真っ白になる。

 

 

上記の項目は副腎疲労の典型的な症状。

 

 

ひとつでも該当すると副腎疲労の可能性があり、3~4つ該当するとかなり副腎疲労度が高いといえます。

 

 

『あなたは何個当てはまりましたか????』

 

 

 

 

 

 

 

 

○食事面で改善するとしたら、

 まずは避けてほしいものとしては・・・

小麦(グルテン)・糖質(過剰な糖質制限は逆効果です。食事の順番と「まごはやさしい」の食事を心がけましょう。)・カフェイン加工食品・乳製品タンパク質を控えることが改善の近道となります。

 

 

 

 

補給した方がいいのは・・・・

マルチビタミン(特にB3・B6)ビタミンC鉄分

 

 

 

 

 

 

 

 

チェック項目たくさん当てはまった人はアドレナル・ファティーグの可能性は高いです。

副腎疲労でお困りな方へ・・・・

当院ではクライアントにも生活・食生活の乱れ改善と施術でアプローチしております。

 

 

 

 

 

 

 

〇LINEでの予約の方は〇

 

 

 

 

 

〇お電話での予約の方〇

 

 

 

 

TOP
HOME