タグ「更年期障害」が付けられているもの

2020年1月22日

発達障害・自律神経失調症・不妊症・認証にお困りな方にオススメ


 

 

「からだは食べたものでできている」

自ら選んでくることの難しい子供たちの食生活。
親はその責任と日々向き合っているとおもいます。
私はそこに「こころ」も必要だと考えています。
私たちも食べたい「安心、安全、美味しい」を子供にも食べさせたい。
その食卓にはみんなの笑顔と幸せがたくさん詰まっていて

「こころ」も満たされている。

 

【グルテンフリー・サイリウム不使用】米粉マイスターが作るカラダに優しい米粉の食パン

朝はいつもバタバタ…朝食はしっかり摂りたいけど簡単にトーストしたパンで…。
どの家庭でもよくある光景ですね!(そういう私もそうです…)
本当は子供に添加物を与えたくない!
朝だからこそパワーの出る朝食を食べてほしい!
そのお声!よくわかります!
私たちの食卓におなじみのパン。
どうせ食べるのであればみんなが笑顔になれるパンがいい。
米粉マイスターが作る国産米粉100%の食パンは難しい横文字の添加物は使用していません。

・パンは好きだけど最近添加物についてよく耳にする
・アレルギーフリーの代替品パンはあまり得意でない
・添加物というけど実際表示を見てもわからない

そんなあなたにこそ食べてほしい!

 

 

 

 

 

 

 

詳しい商品の内容はこちら
↓ ↓ ↓ ↓

https://tsuku2.jp/ec/viewDetail.php?t=3&Ino=000010076200&itemCd=91901540202990

 

2018年7月7日

【整体症例】更年期障害で悩んでいた『ホットフラッシュ』の症状がなくなりました。

IMG_6966[1].JPG

 

更年期障害で悩んでいた『ホットフラッシュ』の症状がなくなりました。

 

おはようございます!!

大雨の日が続き、災害の危険性がある地区もあるみたいですので

お気を付けて一日過ごしてくださいね。

 

当院では自律神経の症状もそうなんですが、

更年期障害の調整もおこなっております。

どこへ行っても薬で症状を抑えるだけになりがちですが

本来の自分の体を治す力を充分に引き出すことで症状も改善に向かいます。

 

66caf9ce37399f5f2a455838389a18f4-1.png

 

更年期障害には、閉経後と若年性と男性型更年期障害、3つがあります。

 

一般的に多いのが閉経近くの更年期障害は加齢によって卵巣の働きが低下することで起こります。脳の下垂体からでるエストロゲンの分泌が減少しているのにも関わらず、エストロゲンの分泌を促すように指令が出ることによって、体内のホルモンのバランスが崩れることが原因です。

女性ホルモンがアンバランスになると、脳が異常を感じカラダからのメッセージとして生理不順や疲労感や鬱などの症状が現われますが、このような状態を更年期障害と呼びます。
 

c22_img01.gif

 

 

しかし若年性更年期障害は、名前のとおり閉経までまだ遠い若い方に現れる病です。
生理不順や肌荒れや鬱などの更年期障害と共通する症状が現われます。原因は更年期障害同様「女性ホルモンの乱れ」が挙げられますが、ホルモンバランスが崩れる原因に大きな違いがあるのです。

 

当院では女性のホルモンバランスを整えるため

感情・食生活・化学物質・重金属・ストレス・脳にアプローチすることで

いち早く更年期の悩みを開放していきます。

 

周りでお困りの方おられるようでしたら、紹介してみてくださいね(^^)/

 

 

 

TOP
HOME